コラーゲンとプラセンタはどっちがいいのか?

コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタといえば、全ての女性にとって憧れの美容成分ではないでしょうか。(今はプロテオグリカンとか他にも有りますけどね。)

しかし、これらの美容成分の違いってイマイチ分かっていない人が多いことも事実。そこで今回はコラーゲンとプラセンタに絞ってどちらのがいい美容成分なのか?というのをチェックしていきたいと思います。

コラーゲンとは

コラーゲンを体に入れるために、みなさんは食べ物から摂りますか?それが一番手軽だと思いがちですが、実は食べ物からコラーゲンを取ろうと思うと、これがかなり難しくなります。そもそも、コラーゲンは魚の頭の部分などのあら、手羽先などを煮た時に出てくるものなのです。

コラーゲンの象徴スッポン
(画像はコラーゲンの象徴スッポン)

これを毎日撮るのは大変難しい。味付けを薄くして、煮込んだお汁を飲むのもいいかもしれませんが、残念ながら、コラーゲンは体に吸収しにくいものなのです。

そこで、このコラーゲンをゼラチン状にしたものがあります。加熱したコラーゲンを取り出して、精製してあるので、水には溶けにくく、温めると溶けやすいゲル化してあるのです。

ですが、今は更に吸収しやすいコラーゲンペプチドというものがあります。これは、ゼラチンをさらに細かく分解して、コラーゲンペプチドという分子にしてあります。分子量を小さくすることで、水に更によく溶けますから、体への吸収力が高まるのです。今では、コラーゲンと言えば、このコラーゲンペプチドのことを言います。

水

ですから、アミノ酸であるコラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドは分子の大きさが異なるだけですべて同じ組織です。その三分の一はグリシン、ほかにはアミノ酸特有のヒドロキシプロリンなどになります。ですが、必須アミノ酸のひとつである「トリプトファン」がないので、これだけでは十分なアミノ酸とは言えないことも知っておきましょう。

プラセンタとは

プラセンタとは日本語に直すと「胎盤」と言います。出産したことがある人なら分かると思いますが、我が子を産んだ後に出てくるアレのことです。(後産とも言いますね。)

胎盤の中にいた赤ちゃん

もちろん、プラセンタとして商品化されているものは、この胎盤をそのまま使っているわけではなく、胎盤から抽出した有効成分(エキス)を利用しているので、胎盤そのものを我々が体の中に取り入れているという事は有りません。あくまでも成分だけ抽出して、それを商品化しているという事。

ではなぜ、胎盤抽出エキス(プラセンタエキス)が利用されているのか?と言うと、胎盤には豊富な栄養成分が含まれているからですね。まだまだプラセンタについて分かっていない事も多いので沢山の学者さんたちが研究している最中では有りますが、その過程でプラセンタエキスには美容に嬉しい成分が沢山入っている事がわかりました。

ちなみに言っておくと、プラセンタエキスの中には「ヒアルロン酸そのもの」も含まれているようです。

どっちが良いのか?

どっちが良いのか?と答えを出すのは非常に難しい問題です。ただ、個人的にはプラセンタです。

そもそもコラーゲンはお肌の弾力を保っている物です。なので加齢等による肌内部のコラーゲンが減少してくると、今まで支えきれていた表皮を支えきれずに、お肌がたるみ・しわが出来る等の症状が現れます。従って、たるみやしわを気にしている人はコラーゲンを選べばよいかと思います。

一方でプラセンタには「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を生成する元になる線維芽細胞の働きを活発化させる働きが有ります。(働きが2回出てきた・・・笑)

つまり、分かりやすく言うと、コラーゲン商品を摂取するという事は減少しているコラーゲンをそのまま体内に取り込む事を意味し、プラセンタ商品を摂取するということはコラーゲン等の美容成分を作り出す元を元気にするという事を意味すると考えれば良いでしょう。

また、プラセンタはコラーゲンを飲むことで期待される効果以外にも沢山の効果をもたらしてくれる事が分かっています。そういう事から考えると、個人的にはプラセンタがおすすめです。