馬

プラセンタ原料の種類(馬プラセンタがおすすめで安心)

プラセンタとは胎盤のことで、いくつか種類があります。

豚プラセンタ

もっともよく利用されるのが豚プラセンタです。豚は1回の出産で10頭ほど産み、出産は年1回あります。そのため、たくさんの胎盤を得ることができます。アミノ酸・成長因子・ビタミン・ミネラルなどプラセンタ特有の成分を含有しています。

豚

胎盤は生育環境の影響を受けます。飼育過程でワクチンや薬剤を投与されていたり、与えているエサが悪いと、その影響がプラセンタにでてきます。口にするものなので安全性に気をつけたいです。豚の場合は厳格に決められた基準で飼育されたSPF豚が安全です。

馬プラセンタ

豚の次によく利用されるのが馬プラセンタです。馬は1年に1回しか出産しませんが、豚に比べて胎盤が厚く、アミノ酸を豊富に含有しています。得られる胎盤の量が少ないので、豚に比べると高価です。

馬

馬は体温が高いため病気にかかりにくく、日本では血統がはっきりしていて厳しく管理された環境で育てられたサラブレッドが使用されているので安心できます。ちなみに、馬プラセンタには豚プラセンタと比べて6種類も多く必須アミノ酸が含まれています。そういう意味で安全帯も高く栄養価も高い馬プラセンタは私のイチオシサプリメントです。

馬プラセンタの人気サプリはこちらをチェック(別サイト)

羊プラセンタ

羊のプラセンタはヨーロッパなど海外で人気です。日本では狂牛病問題で反芻動物の胎盤を使用してはいけないことになっているので、羊のプラセンタはあまり出回っていません。

羊プラセンタ

その他

人プラセンタは自然分娩で出産した胎盤です。何度も検査をしていて安全性が高いです。人プラセンタは医療用なので、化粧品やサプリメントなどには使用できず、注射などに使用されています。

厳密にはプラセンタではありませんが、植物由来のものもあります。植物の胎座という部分から得られる成分で、胎盤と同じような成分を含んでいます。ただし、成長因子は含んでいないので、動物のプラセンタとまったく同じ効果が得られるとは限りません。安全性は高いです。